新時代への大転換

ポストコロナの新たな道筋を描く

政治への信頼回復

六月に実施された地元の静岡県知事選挙において自民党推薦候補が敗北しました。ご支援頂いた多くの皆様に感謝申し上げるとともに、期待に応えることができず心よりお詫び申し上げます。遊説先には予想以上の人が集まり、県連一丸となって戦ったにもかかわらず、結果につながることなく自民党支持層の六割弱しか固められませんでした。

候補者決定が選挙直前となり、知名度の差を縮めるにはあまりにも時間が足りなかったこと、相手現職の巧みな戦略に屈したことなど敗因は多く指摘されましたが、根底には政治への不信・不満が鬱積したしていたことも大きな要因でした。

コロナ対策やワクチン接種計画に対する批判、政治とお金の問題や不祥事が重なり、国民の政治への憤りや不信感が募り、政権支持率の低下や各種選挙に大きな影響が生じています。

信頼回復に全力で

政治とお金の問題や不祥事について、政党や当事者が説明責任を果たしていないことから国民の間で政治不信が広がっています。糺すべきは糺し、出来る限り真実を明らかにすることが求められます。

真剣に国民と向かい合い、安心と安全を与え、政治への信頼を回復するために全力で取り組んで参ります。

確実な経済再生・ 生活支援とワクチン接種

近く予定される衆議院総選挙を控え、政権与党として厳しい現実を乗り越えるために、先ずは、徹底した感染予防対策の実施とワクチン接種については、今一度精緻な計画に基づく情報発信と着実な実施を進めることが必要です。

また経済支援や生活支援に過去三回の補正予算で計約72兆円を措置しましたが、約三割が執行されておらず、必要なところに行き届いていない現状です。 特に制度設計が不十分な点と事務手続きの遅れが主な要因であり、速やかに改善すべきを改善し、実行ある予算の執行が急務です。

ポストコロナ~新時代への転換~

一年半以上に及ぶコロナ禍は、 人々の生活や経済活動に大きな影響を与えるとともに、様々な課題が顕在化し、未来へ向けた変化が大きく動き始めています。

今年の骨太方針が六月にまとめられ、次なる時代をリードする新たな成長の源泉として

  • グリーン社会の実現
  • デジタル化
  • 地方創生
  • 子どもを産み育てやすい社会の実現

の四つの原動力と基盤づくりが示されました。

ポストコロナをこれまで進められなかった課題を一気に進めるチャンスの到来と捉え、我が国の経済社会を戦略的に切り開く必要があります。

そのような新時代への転換期こそ、これまで培った私の政治経験を存分に活かし、この国の成長と発展を描いてまいります。引き続き、皆様のご指導、ご鞭撻の程お願い申し上げます。

令和三年 盛夏